当園について

「かすたねっと!」とは、スペイン語で小さな栗と言う意味です。 この小さな栗たちを、ご家庭とともになって育てる願いが込められています。 そして、互いに力を合わせてお子さんの成長を見守っていきたいとおもいます。 「澄んだ瞳と素直な笑顔とともに!」 お子さんと一緒になって日々問題意識を持ち、より良い保育環境を目指し努力していきます。

教育目標

特質的な教育プログラムを取り込み向上心を養う

保育目標

子供の健やかな成長を助け、生活習慣・道徳心・創造性を育む
元気に! やさしく! 思いやりの気持ちを育む

保育時間

[保育時間]8:00~18:00 (開園時間7:00~20:00)

  • ※原則として日曜・祝日及び年末年始は休園となります。
  • ※7:00~8:00の時間は縦割りとなります。
    クラス別保育は8:00~17:00までで、以後縦割り保育となります。
  • ※休職中・産休・育児休暇中等、基本短時間保育となりますが、認定結果に準じます。

○ 登園は9:00までにお願い致します。 ○ 土曜日の登園は、就労支援ですので事前に登園依頼書に記入いただいてます。

時間外保育

[時間外保育]18:00~20:00 (月曜日~土曜日)

※保護者の方が仕事の都合で、通常の保育時間を超えてお子さんの預かりが必要な場合、時間を延長して行う保育です。(5分超過にて1時間200円・2時間300円徴収します。) 尚、18:00の迎えが間に合わない為の時間外保育ですので、20:00までに迎えに来るものではありません。(20:00に閉園します。) ※短時間保育は、8:00~9:00、17:00~18:00各々一時間100円(5分超過)の延長料金がかかります

急な時間外保育の場合は、園に直接連絡を入れてください(18:00前迄)

タブレット認証管理について 保育時間に関しては、全児童タブレット認証にて管理します。機械のトラブル以外、押し忘れのないようにしてください。尚、保護者以外の方のお迎えは、保護者から直接、園にお伝え下さい。 (保護者からの連絡が無い場合は、お子様をお渡しする事は出来ません)

保育内容

維持継続する保育目標の下に、より良い保育サービスを提供する事が出来るように新たな「保育過程」を作成する。 新たな「保育過程」に基づき、現代の多様なニーズに対応しながら、先進的でありながらも子ども達について最優先に考える事ができる保育を実践していきます。 園の立地や存在意義を十分に鑑み、地域の人々、近隣の教育機関との連携を深め、地域の根ざすことが出来るように、保育内容への配慮をする。 各クラスが連動する時間帯を設定し、異年齢交流の場を作り、慕い慕われる場を提供する。また、園外活動はクラス単位や連動してもとに楽しむ時間の共有も図る。

icon-hand

保育期間

[保育期間]4月1日~翌年3月31日 (年度毎更新となります)

その他(要望事項)

  • 保育中は、いずれかの「緊急連絡先」と必ず連絡がとれるようにしてください。 留守番電話の設定も必ずお願いします。※当日の連絡先が異なる場合は、その都度口頭で職員にお知らせ下さい。
  • ご家庭及び携帯電話へ保育園の電話番号の登録も必ずお願いします。 園電話 TEL.011-733-5303
  • 基本的に活動しやすい、汚れても良い服装で登園してください。 子ども達が、自分で着脱しやすい服装になるように配慮をお願いします。 (特に一人で食事を食べる練習中やトイレトレーニング中の子ども達の服装は十分な配慮をお願いします)。
  • 登園時の靴については「運動靴」「長靴」「スノーシューズ」でお願いします。 夏場も「サンダル」での登園は足の怪我の原因になりますのでおやめ下さい。
  • 引っ越しや職場変更等の利用により、保護者の住所・電話番号・勤務先等の重要な個人情報が変わった時は、遅滞なく必ず職員までお知らせ下さい。 あわせて札幌市保健センターへの届出もお願いします。
  • 女の子の飾り付きの髪留めは、他児の怪我の元になりますので、ゴムのみにてお願いします。 また、かばんや着替袋にキーホルダー等のアクセサリーを付けるのも禁止とします。

非常に細かくなっておりますが、ご理解ご協力をお願い致します。

注意事項

病気・持病・急病・法定伝染病の場合

  • 当園は病児保育はしておりません。 お子さんの体調がすぐれない時(発熱37.5℃以上・嘔吐・下痢)はお休み下さい。
  • 投薬に関しては、医療行為に当たるため原則行いません。 医師の処方を受けた薬に限り、医師の指示の基づき行う事が出来ます。 (薬は、お薬票に記入し一回分毎に分けて名前記入にて直接保育士に渡して下さい)
  • 保育時間内で体調に変化があった場合、保護者又は、緊急連絡先に連絡します。 発熱37.5℃以上 繰り返しの嘔吐・下痢その他、保育士が必要と認めた場合。 ※小さいお子さんの場合、容態が急変する場合もありますので出来るだけ早めにお迎えに来て下さい。 (発熱が38.0℃を超える場合は、至急での対応をお願いします) 注:
    保護者又は緊急連絡先に園より連絡を致しますが、お迎えにあたっての最低必要時間以上の時間をようした場合、 お子さんの急変や時間経過が原因での死亡・後遺症・入院について責任の所在は全て保護者となり、園は一切の責任を負いませんので園の加入保険も適用されません。
    保護者又は緊急連絡先に連絡が取れなかった場合、お子さんの身体の安全を最優先させ、当園の判断にてしかるべき対処を行いますので、あらかじめご了承ねがいます。
  • 法定伝染病(学校保健法で定められている登園してはいけない病気)において、伝染病にかかった場合、または登園時に伝染病の疑いを保育士が確認した場合 病院を受診し集団生活が可能であればお預かりできます。 ※法定伝染病については回復後、医師の許可を得てから当園して下さい。予防接種を受けた当日は休ませるようにしてください。
  • 当園では、フッ素物洗口を推奨してます。(週2回4歳児以上)保護者の承認に基づき実施してます。(園負担にて実施)
  • 入園時、ならし保育を徹底しています。事前に職場に意向を伝え、担任との打ち合わせにご協力ください。

<保健対応についての補足事項>

原因 対処
傷の手当 傷が出来た場合、早くきれいに治すために、傷口を水道水で洗ってから、清潔なビニール袋で覆います。(モイストヒーリング法)
嘔吐処理 嘔吐物で汚れた洋服は、洗って塩素系漂白剤に10分間浸してから、水洗いしてお渡しします。 ※ノロウィルスなど、感染力が強い病気が疑われる場合には、厚生労働省の指導により、園内の感染予防のために、洗わずにビニール袋に入れて渡しします。 ・希望される場合には、園で処分することも出来ますのでお申し出てください。
登園の目安 24時間以内に解熱剤を使ったり、24時間以内に38℃以上の熱が出ていた場合には、登園をお控えください。 (厚生労働省の指導により)

その他の注意事項

  • 入園時記入提出いただく、記載事項において、職場・電話番号・携帯番号・住所などの変更があった場合、速やかに連絡をお願いいします。 緊急の連絡時などに必要ですので、変更を届けていない状況で起きた事故・災害については当園では責任を負いません。
  • 園だより(月1回)・クラス便り及び連絡用紙などに関しては必ず目を通して下さい。 又、提出物に関しては、速やかに戻すようにお願いいたいます。 お便りに目を通している事を前提にて様々な情報をご案内しながら取り組みますのでご了承下さい。(園内ホールにも掲示してます)
  • 事故・怪我に関しては、各職員全員で起こらない起こさないように日々目配りや指導を心がけております。 危険回避のため、大きな声で注意を促したり、言い聞かせでの指導も行っております。 ※損害賠償については、当園で加入している保険の範囲内でのみ対応します。 当園では保険の範囲を超える補償や責任は負いませんのでご了承下さい。

子育支援

<こくりの郷>園開放

plan-contents-img

在園児童との係わりや各種行事・イベントのオープン参加。 地域の子ども達が、楽しめる場を提供します。 プログラムの充実も図りますのでお楽しみに!

<こくりっこ>子育て相談

plan-contents-img

親子がひとつの「テーマ」に基づき、共に考え・共に作る楽しさを一緒に味わえる場を提供します。 様々な企画を提案しますので期待して下さい。 また、要望がありましたら、是非、提案してみて下さい。 在園児童及び地域住民も対象に、個別で育児や障がいの相談も 行っております。 ※食物アレルギー・個別相談(原則30分以内) (要予約ですので、事前確認をお願いします)

<りんご組>一時保育

plan-contents-img

産休明けから就学前のお子さんを「一時保育推進事業実施協議書」に基づき、在園児童と隔たりなく、また、距離を置くことなくお預かりさせて頂きます。 安全・安心・安らぎ・楽しみとし、様々な角度から支援していきます。

お問合せはこちらから

011-733-5303 メールでのお問合せ

認定子ども園かすたねっと

〒007-0842 札幌市東区北42条東15丁目1番23号 山下ビル3F